なた豆茶というお茶をご存知ですか?
鹿児島が日本発祥の地と言われているお茶です。
このお茶には、さまざまな健康効果があるので今注目されています。

 

 

どんな特徴がある?なた豆茶の効果や効能まとめ

 

なた豆茶は、その名の通りなたのように大きな豆からできているお茶です。
ほうじ茶や麦茶のようなさっぱりとした味が特徴で、とても飲みやすいです。

 

 

 

なた豆茶には、さまざまな健康効果がありますが、代表的なのは排膿作用ですね。
膿を排出してくれる効果のことです。

 

 

膿は、新陳代謝が悪いと体の中にたまってしまう老廃物や余計な水分でできて
います。この膿を取り出すための強力なデトックス効果があるのです。

 

 

なた豆茶のほかの効果は、抗腫瘍作用、抗炎症作用、腎臓活性化作用などです。

なた豆茶で治る病気は?どんな症状に効くのか

 

なた豆茶には、排膿作用、抗炎症作用、腎機能活性化の効果があります。
これらの効果で治る病気には、どんなものがあるのでしょうか?

 

 

 

・副鼻腔炎(蓄膿症)
・後鼻漏
・鼻づまり
・痰がよく出る
・咳、のどのヒリヒリ感
・歯槽膿漏
・口臭
・歯肉炎
・歯周病
・むくみ
・高血圧
・おしっこの出が悪い
・ニキビ
・痔
・肌荒れ
・ストレス

・便秘
・眼球圧迫

 

 

これらの症状や病気に効きます。

 

 

眼球圧迫とは、鼻の奥に膿がたまりすぎて体の内側から眼球を圧迫されてしまう
深刻な症状です。

 

 

ほかには、デトックス効果を生かして、マッサージと組み合わせればセルライト
除去の効果もあります。なた豆茶は美容と健康にいいので、ぜひ飲んでほしいお茶です。

さまざまな症状に効くなた豆茶の成分紹介

 

なた豆茶はさまざまな症状に効きます。
その理由は、有効成分が優れているからです。

 

 

 

なた豆茶はミネラルが豊富ですが、主成分は主に3つです。
その中の一つは、「カナバニン」という成分。

 

 

カナバニンには、排膿作用、抗炎症作用があります。
副鼻腔炎や歯槽膿漏の膿を出して、炎症を抑える効果があるのです。

 

 

虫歯で歯茎が晴れているときにも、効果を発揮します。
ほかには口内炎などですね。

 

 

歯槽膿漏などの重い病気から、口内炎などの身近なお口トラブルまで幅広く作用
してくれるので、私たちの健康の強い味方です。

 

 

また、膿が原因でむくんでいたり、鼻詰まりを起こしている人にも効きますよ!
傷口の膿も早く取り除いてくれるから、傷の治りも早くなります。

なた豆茶の他の有効成分を紹介!コンカナバリンA

 

なた豆茶にはカナバニンのほかにも、有効成分があります。
コンカナバリンAという有効成分があります。

 

 

 

なた豆茶に含まれているコンカナバリンAは、抗腫瘍作用があります。

 

 

鼻の中に腫瘍ができて、鼻詰まりが起こったり、膿がたまったりしている人に
効果的です。

 

 

鼻の中に腫瘍ができることを鼻ポリープといいますが、悪化すると手術でとり
のぞかないといけません。

 

 

でも、なた豆茶を毎日飲んでいるだけで腫瘍が取れるから手術のリスクが減ります。
コンカナバリンAの抗腫瘍作用は、初期のがんを抑えるほどです!

 

 

かなり強力なので、鼻ポリープの手術がいらなくなるのも納得できますね。
鼻ポリープのほかには、口の中の腫瘍も取り除いてくれます。

なた豆茶の有効成分で腎機能活性化作用があるのは?

 

なた豆茶の有効成分で腎機能活性化作用があるのは、ウレアーゼです。
ウレアーゼは、高血圧やむくみを解消します。

 

 

 

人の血圧は腎臓の働きによって左右されます。
腎臓が正常に働いていれば、食前・食後関係なく、血圧は正常値を超えません。

 

 

でも腎臓の働きが乱れていたり、低下していると、食後に血圧が高くなったり、
一度高くなった血圧がなかなか下がらなくなります。

 

 

その結果、高血圧になったり、血液循環がうまくいかなくなってむくみます。

 

 

なた豆茶に含まれているウレアーゼは、こうした症状を抑えます。
鼻がのどの症状だけではなく、全身的な症状に効果を発揮するのです。

 

 

なた豆茶の3つの有効成分は、それぞれ健康に効果てきめんです。
毎日飲んでいれば、体のさまざまな悩みが解消されていきますよ。

サポニンも含まれているなた豆茶

 

3つの有効成分は効きなれないものでしたが、なた豆茶にはサポニンも含まれています。
サポニンは、とても有名な成分なので知っていますよね?

 

 

 

あらゆる植物に含まれているといわれているサポニンには、こんな効果があります。

 

 

・抗酸化作用

 

強い抗酸化作用があるので、体の中の脂質やコレステロールの酸化を防ぎます。
脂質やコレステロールが酸化すると、血管にこびりついて動脈硬化の原因に。
脂肪の吸収を抑える効果もあるので、ダイエットにも効きますよ。

 

 

・抗菌作用

 

風邪をひいたりしてウイル酢や最近に対しての免疫力が低下しているときに、
サポニンが含まれている食べ物をとると、抗菌作用で体を守ってくれます。
なた豆茶を毎日飲めば、風邪予防になって強い体を作ることができます。

 

 

・血行促進

 

サポニンは血管を広げる効果がるので、血行を良くします。
冷え性にも効果的です。

 

 

なた豆茶に含まれているナタマメポリフェノール(タンニン)

 

なたまめ茶には、まだまだ健康にいい成分が含まれています。
ナタマメポリフェノール(タンニン)という成分も配合しています。

 

 

 

タンニンは、植物に多く含まれているポリフェノールの一種です。
収れん作用があって、渋い味にする成分ですね。

 

 

でも、肌に塗れば肌を引き締める効果も美白効果もあるし、飲めば下痢や
生活習慣病を予防する効果もあります。

 

 

ほかには、サポニンと同じように抗酸化作用があるので、生活習慣病を予防します。
血管を強く健康的な状態にするので、全身の機能を高める効果もあります。

 

 

疲れやだるさなどの全身的な症状に効果がありますので、「最近疲れがたまりやすい」
とか「何となく体が重い」という人にもなたまめ茶は向いていますね。

なま豆茶に含まれている青酸配糖体とは?

 

なた豆茶には多くの成分が含まれていて、聴きなれないものも多いです。
青酸配糖体という成分もその中の一つですね。

 

 

 

青酸配糖体について調べてみると、青酸ガスのことだそうです。
青酸ガスとは、シアン化水素のこと。

 

 

青酸ガスは普通に生活している分には吸うことがありませんが、工場に努めている
人などが吸ってしまうことがあります。

 

 

少量なら体調不良で済みますが、たくさん吸ってしまうと命にかかわります。
なた豆茶には、この青酸ガスが含まれているのです。

 

 

なた豆茶以外の食品には、アーモンド、アンズ、梅、桃などの身近な植物系の
食べ物に含まれています。

 

 

危険な成分なので、なた豆は食べないほうがいいですね。
ただ、焙煎して煮だせばこの成分は出てこないので、安全です。

 

 

なた豆のお茶には高い健康効果があることがわかっています。

なた豆茶で改善させる症状は?体調不良からくるストレスにも効果的

 

なた豆茶で改善される症状には、後鼻漏や副鼻腔炎などがあります。
ほかには、便秘やニキビなどですが、もっと軽い症状にも効きます。

 

 

 

例えば、ストレス。

 

 

仕事や学校、家事、さまざまなことで現代人はストレスを抱えていますが、
なた豆茶はそのストレスにも効果を発揮します。

 

 

ストレスは慢性的な体調不良から来ています。

 

 

「ずっと便秘気味」「ずっと疲れが取れない」「ずっと頭がいたい」
こんな状態で忙しく働いたり、勉強したりしているとイライラしますよね?

 

 

なた豆茶で全身の機能を高めて、慢性的な体調不良を改善すればストレスは
驚くほど軽くなります。

 

 

抗酸化作用や排膿作用、血行促進作用などがあるなた豆茶で健康状態を底上げして
ストレスを減らしましょう!

 

ストレスや体調不良以外の効果

 

なた豆茶にはストレスや体調不良以外にも効果があります。
例えば強力なデトックス効果があるので、便秘解消に一役買います。

 

 

 

便には体の中の70%の毒素が含まれています。
ですので、便秘はかなり不健康な状態。

 

 

「もう2週間くらい出てない」と話している女性をたまに見かけますが、大げさ
ではなく命に係わる状態です。

 

 

なた豆茶のデトックス効果で便秘を解消すれば、毒素を排出できるから健康状態が
よくなります。

 

 

便秘は肌トラブル、ストレス、体重増加、体臭、だるさなどを引き起こすので、
便秘が原因の様々な症状の改善にもなります。

 

 

下剤で便秘を解消すると、下痢になったり、おなかが痛くなったりしますが、
なた豆茶はお茶なので、自然と便が出てくれます。

 

副鼻腔炎(蓄膿症)にも効くなた豆茶

 

なた豆茶の強力なデトックス効果は便秘だけではなく、副鼻腔炎(蓄膿症)にも
効果があります。

 

 

 

副鼻腔炎は鼻の奥の副鼻腔に膿が大量にたまってしまう病気。
子供やお年寄りがなりやすく、耳鼻科で治療してもらうのが一般的です。

 

 

副鼻腔に膿がたまると、鼻呼吸がしづらくなります。

 

 

それと同時ににおいがわからなくなって、味覚が落ちたり、集中力が続かなく
なります。

 

 

副鼻腔炎をなた豆茶で治すことができれば、生活の質が上がりますよ。
実際に副鼻腔炎を治した人の体験談には…

 

 

・ストローの呼吸から土管の呼吸になった
・片頭痛が治ったし、口呼吸が治ったから毎日が楽に過ごせるようになった
・みんなこんなに息を吸ってたなんてするい!

 

 

このような感想があります。
ただの鼻づまりだからと放置しておくと、生活や人生の質が下がってしまいますよ。

副鼻腔はどこにある機関?機能や特徴

 

副鼻腔炎で膿がたまってしまう副鼻腔は、鼻の奥、目の下にある空洞のこと。
とても入り組んだ形をしているので、膿が入ると出づらいのです。

 

 

 

健康な人なら、副鼻腔に敷き詰められている粘膜が膿を押し出してくれます。

 

 

でも、冷え性や乾燥体質、体調不良などで粘膜の動きが鈍くなっていると、
膿が正しく押し出されないので、どんどんたまってしまうのです。

 

 

副鼻腔は左右の鼻の奥に4か所づつあります。
広い空洞が8か所もあるので、放置しておくと、顔の奥が膿だらけになります。

 

 

なた豆茶の強力な排膿作用でこれらの膿を押し出すことができれば、生活は
一変しますよ!

 

 

なた豆茶はアイスで飲んでもいいですが、ホットで飲むと副鼻腔の粘膜が加湿
されて膿がさらに出やすくなります。

副鼻腔炎(蓄膿症)の原因はなに?どうして膿がたまるのか

 

副鼻腔炎は、副鼻腔と呼ばれる空洞に膿がたまる病気です。
でも、空洞なら自然と膿は流れていきそうですよね?

 

 

 

そこで、副鼻腔炎になる原因について調べてみると、副鼻腔と鼻の穴がつながって
いる自然口は副鼻腔のいちばん上にしかないことがわかりました。

 

 

左右それぞれ4か所づつ広がっている副鼻腔の出入り口が、左右の副鼻腔のてっぺんに
1か所づつしかないのです。

 

 

これでは粘膜が押し出さない限り、膿は出ません。
この粘膜が正常に働かなくなる原因は…

 

 

・細菌に感染したから
・アレルゲンが侵入したから
・副鼻腔炎の中でカビが発生したから
・白血球の仲間である好酸球によるもの

 

 

カビが発生している場合は、両方ではなく片方の副鼻腔だけに炎症が起こります。
片方の鼻の穴がふさがっている場合は、カビなどが原因です。

副鼻腔炎(蓄膿症)の原因はさまざま!なた豆茶が効く理由

 

副鼻腔炎は、さまざまな原因で起こります。
原因によって、どんな方法で改善できるのかが違うのが一般的ですよね?

 

 

 

でも、なた豆茶はすべての原因に効きます。
これがなた豆茶が副鼻腔炎にいいといわれている理由です。

 

 

どんな原因があっても、副鼻腔に膿がたまっているという症状に違いはありません。
ですので、なた豆茶で膿を排出すれば、症状が改善します。

 

 

そしてなた豆茶を飲み続けていることによって、膿がたまりにくい体質になります。
なた豆茶には副鼻腔炎の改善効果だけではなく、予防効果もあるのです!

 

 

また、ポリフェノールが血行を良くしたり、なた豆茶の水分が粘膜の働きをよくする
ことも、副鼻腔炎を改善する効果がある理由ですね。

鼻づまりでイライラするだけだからと放置すると危険

 

副鼻腔炎は鼻づまりでイライラするだけと思って、放置すると危険です。
命に係わる病気ではありませんが、人生には大きくかかわってきます。

 

 

 

副鼻腔炎の患者さんは、鼻の奥に膿がたまることでこんな症状に悩んでいます。

 

 

・イライラする
・集中力が続かない
・昼間も眠い時がある
・体力がもたない
・人と会うのに支障がある
・外出するときにティッシュやハンカチが大量に必要
・学校や職場で鼻をかんでいる音が騒音になる

 

 

ほかには、「常に鼻をかんでいるから人に嫌われてしまう」「鼻水がずっと
出ているせいで歯医者を受診できない」などのトラブルが。

 

 

副鼻腔炎を放置していると、毎日の生活で困ることがいくつも出てきてしまうのです。

 

困ることが多い副鼻腔炎(蓄膿症)を耳鼻科で治療する場合

 

毎日の生活にあれこれと困ることを起こす副鼻腔炎。
耳鼻科で治療する場合は、どんな方法が使われるのでしょうか?

 

 

 

基本的に副鼻腔炎の治療は内服薬と外用薬で行われます。

 

 

内服薬は第2世代抗ヒスタミン薬です。
中等症以上は、抗ロイコトリエン薬、ステロイドの点鼻薬も併用されます。

 

 

副鼻腔炎の患者さんの70%は抗ヒスタミン薬で症状が治ります。
でも、一時的に症状が治まるだけで、またすぐに副鼻腔炎になります。

 

 

そして、またすぐに耳鼻科にきて抗ヒスタミン薬を処方してもらうことになるのです。
点鼻薬も同じです。

 

 

ただ内服薬は妊婦さんや授乳中のお母さんには使えませんが、点鼻薬は4週目以降の
妊婦さんにも使えます。安全ですが、続けないといけないのはつらいですね。

 

副鼻腔炎が治るレーザー治療も効果は一時的

 

副鼻腔炎の基本的な治療は継続しないといけません。
「一発で治る方法はないの?」という人は、レーザー治療を受ける傾向にあります。

 

 

 

でもレーザー治療は、鼻の粘膜を焼いてあれ右舷に反応しなくする治療法です。
つまり、アレルギー性鼻炎の人にしか効果がありません。

 

 

また、粘膜を焼いても一部の神経しかつぶれないので、症状がなくなるという
よりは症状が軽くなるだけ。再発の可能性はあります。

 

 

倉しく調べてみると、1〜2か月症状が軽くなって3か月目から再発するそうです。

 

 

「レーザー治療されすれば、副鼻腔炎は治る」そう考えている人は、受けないほうが
いいでしょう。あくまでも一時的な治療で、3か月後には元に戻ってしまいます。

 

大人の80%は鼻を左右に分ける壁が曲がっている

 

副鼻腔炎の原因の中にはアレルギーやカビではなく、体の構造そのものという
場合があります。それが鼻中隔湾曲症です。

 

 

 

鼻中隔湾曲症とは、鼻を左右に分けている壁が曲がっている病気。
この症状がひどいときは、治すために手術を行います。

 

 

手術は鼻の穴から1pくらい奥までを切って、湾曲している軟骨と骨を取り除きます。
また、鼻の粘膜が晴れている部分を切開する手術も同時に行います。

 

 

広くなった側の鼻の穴は粘膜が腫れているものなので、腫れている粘膜を取り除く必要が
あります。

 

 

この手術をすれば左右の鼻の穴から均等に空気を吸えるようになるので、副鼻腔炎は
改善します。

 

 

でも、鼻の中核は生活習慣などでも湾曲してくるので、姿勢を正したりマッサージを
したりして軟骨の湾曲を治すことはできます。

Bスポットで副鼻腔炎がよくなった人の体験談まとめ

 

副鼻腔炎の治療法には、投薬と手術以外もあります。
それは、Bスポットを呼ばれる治療法です。

 

 

 

Bスポットとは、のどちんこの上にある上咽頭に特殊な器具を使って塩化亜鉛を
塗る治療法のこと。

 

 

口を大きく開いて自分で見ることはできませんが、副鼻腔炎はこの上咽頭に薬を
塗ることで治療ができます。

 

 

塩化亜鉛で炎症を起こしている上咽頭を焼き、取り除くことで新しい上咽頭の
組織が出てきます。

 

 

レーザー治療よりも効果がありますが、自分では濡れないし、塩化亜鉛も手に入り
にくいので病院でやってもらう必要があります。

 

 

でも、一度のBスポットで副鼻腔炎が治る人もいますし、2〜3回で治る人が多いので、
継続的な治療ではありません。Bスポットはとても痛いですが、かなりの効果があります。

副鼻腔炎に効くなた豆茶の歴史や産地、摂取方法など

 

副鼻腔炎の治療を耳鼻科で受けると、通い続ける必要があるか、飛び上がるほど
痛い治療を受ける必要があります。

 

 

 

「できれば、病院に通わないでいたい思いもしないで治したい」

 

 

そう願っている人は多いので、ここからは病院にも通わない痛みも伴わない改善法
を紹介していきます。

 

 

自然に副鼻腔炎を治すならなた豆茶がいいでしょう!

 

 

中国から江戸時代の初め頃に日本にわたってきました。
とても大きな豆でシラス台地が広がる南九州を中心に栽培されていた豆です。

 

 

カレーに添える福神漬けに入っているので、見たことがある人は多いはず。
福神漬け以外にもさまざまな漬物に使われています。

 

 

毎日なた豆をとりたいなら、漬物よりもお茶がいいでしょう。
ティーパックタイプの商品が出回っているので、ほうじ茶のように飲んでください。

 

なた豆にはどんな種類がある?それぞれの特徴まとめ

 

副鼻腔炎をはじめとするさまざまな病気に効果を発揮するなた豆。
どんな種類があるのかを、まとめてみました。

 

 

 

その結果、なた豆には4つの種類があることがわかりました。

 

 

・タカナタマメ
・タチナタマメ
・赤なた豆
・白なた豆

 

 

この中で食用は「赤なた豆」と「白なた豆」。
「タカナタマメ」と「タチナタマメ」は食べることができません。

 

 

「赤なた豆」は豆に毒素があるので、焙煎しないと下痢を起こします。
「白なた豆」のほうは天ぷらにしたり、漬物にしたりして食べることができます。

 

 

でも、どちらもお茶としてに出して飲むのが一般的です。
効果は「赤なた豆」のほうが高い印象ですが、どちらも変わりません。

 

 

なた豆茶を選ぶときに、なた豆の種類にこだわる必要はありませんよ。

なた豆の毒性は危険なもの?商品なら問題ない

 

赤なた豆には、毒素が含まれています。
命にかかわるものではありませんが、食べるのは危険です。

 

 

 

なた豆に含まれている毒素は、微量のアミグダリン。
アミグダリンとは、別名シアン化水素(青酸)です。

 

 

昔、多くの人がなくなったり、体調不良になった青酸カリ事件で使われた毒物ですね。
なた豆には微量ですが、この成分が含まれているのです。

 

 

シアン化水素(青酸)を摂取すると、頭痛、めまい、嘔吐などの症状が出ます。
でも、市販のなた豆茶のティーパックは焙煎してあるから安全です。

 

 

焙煎すれば毒素が出てこないので、今まで健康被害を受けたという報告もありません。
麦茶のようなさっぱりとした味で安全なお茶なので、赤ちゃんでも飲めますよ!

「赤なた豆」と「白なた豆」効果が高いのはどっちか

 

食用のなた豆には「赤なた豆」と「白なた豆」の2種類があります。
それぞれのなた豆の違いと、どちらのほうが効果があるのかを調べてみました。

 

 

 

その結果、シアン化水素(青酸)が含まれている量が違うというだけであとは、
違いがないことがわかりました。

 

 

どちらも加工品なら安全だし、味も同じ。
豆を食べたいなら白なら豆ですが、お茶でいいならどちらでもいいでしょう。

 

 

あなたの好きな方を選んだり、手に入りやすい方を選んでください。
なた豆の加工品には、「赤なた豆」か「白なた豆」か書かれていないものもあります。

 

 

ですので、なた豆の種類は気にしないで原産地などで選びましょう!
鹿児島産のなた豆茶が効果的なので、副鼻腔炎に悩んでいる人向きですよ。

なた豆茶の成分は?どんな効能があるのかまとめ

 

なた豆茶には排膿作用がある成分が含まれています。
ほかには、豊富なミネラルが含まれていますよ!

 

 

 

なた豆茶に含まれているミネラルには、こんな種類があります。

 

 

・カルシウム
・鉄
・ナトリウム
・マグネシウム
・リン
・カリウム
・亜鉛

 

 

このような成分が含まれているおかげで骨や筋肉、細胞の生成が活性化します。
新陳代謝が上がって、全身の機能が高まるのでさまざまな症状が治ります。

 

 

現代人にうれしいのはマグネシウムですね。
腸の中の水分量をキープする作用があるので、便秘を解消してくれます。

 

 

ミネラル類が足りなくなると、便秘になってストレスがたまり、さらに便秘になる
という悪循環をくりかえしてしまいますので、なた豆茶で予防しましょう。

なた豆の摂取方法には錠剤もある!お茶との違い

 

なた豆を摂取する代表的な方法は、お茶です。
ティーパックで売っているので、カップにお湯を注いで少し待って飲みます。

 

 

 

紅茶やほうじ茶などいつも飲んでいるお茶と変わらないの味方で、続けやすいです。
でも、錠剤タイプのあるので温かい飲み物は飲まないという人に向いています。

 

 

ただ錠剤タイプはなた豆の成分を凝縮しているので、なた豆の過剰摂取になり
やすいというデメリットがあります。

 

 

なた豆の過剰摂取をすると、吐き気や下痢、胃痛などをひき起こします。
錠剤タイプを飲む場合は、自分の体調を相談しながら飲んでください。

 

 

ただ体調を気にする必要がないティーパックタイプのほうが、副作用を気にしな
がら飲むより、リラックスして飲めますね。

なた豆には副作用がない?本当に安全な飲み物

 

なた豆茶には副作用がありません。
ノンカフェインで、ノンカロリーなので赤ちゃんでも飲めます。

 

 

 

妊娠中でも授乳中でも飲むことができるから、安心して毎日飲めますね。
でも、中には「なた豆茶で下痢になった」という人もいます。

 

 

副作用がないのに、どうして下痢になるのでしょうか?

 

 

その理由は、なた豆茶の効能が強いから。

 

 

強力な排膿作用で、体にたまっていた大量の膿が体の外に出ようとしているときに
下痢になったり、胃痛が起きたりします。

 

 

でも、下剤などのような激しい痛みではなく、一時的な痛みです。

 

 

この下痢のことを好転作用というのですが、体調がとても悪かった人が体調がよく
なっている途中で起こる症状なのです。

 

 

もし、なた豆茶を飲んで体調を崩したら、それだけ体調が悪かったということを
自覚しましょう。

なた豆茶の値段によって蓄膿症への効果に違いが出るのか

 

なた豆茶を飲むことで治る代表的な病気は、蓄膿症(副鼻腔炎)です。
ピンからキリまであるなた豆茶ですが、値段によって効果は違うのでしょうか?

 

 

 

気になって調べてみたところ、高いもののほうが効果があるようです。

 

 

例えば、中国産のなた豆茶は20包で500円前後でした。
でも、鹿児島産のなた豆茶は30包で3,600円代でした。

 

 

このように「質がいい=値段が高い」ということなので、値段に左右されるのです。

 

 

中国産のほうがお得ですが、鹿児島県産のほうが質がいいです。
効果は鹿児島県産のほうが出やすいですよ。

 

 

ただ、なた豆茶は高くても30包で3,000円代。
1日1包飲むとして30日分なので、そこまで高額でもありません。

点鼻薬や抗生物質となた豆茶の併用について

 

蓄膿症(副鼻腔炎)は、点鼻薬や抗生物質で治すのが一般的。
「耳鼻科でもらった薬がまだ余っている」という人も多いはず。

 

 

 

なた豆茶は薬やサプリメントではなく、食品なので薬と併用しても問題ありま
せん。

 

 

ですので、耳鼻科でもらった薬が余っているなら、安心して一緒に飲んでくだ
さい。

 

 

ただ、これから耳鼻科へ行って薬をもらう場合はなた豆茶だけで治らないか
しばらく様子を見てからにしましょう。

 

 

「長年の蓄膿症がなた豆茶を飲み始めて3日目で治った」という口コミがあるので、
もしかしたら、薬を使わないで治るかもしれません。

 

 

とりあえず1か月飲み続けて、効果がなかったら耳鼻科へ行きましょう!
なた豆茶はホットで飲むと効果が出やすいですよ。

なた豆茶を1日どれくらい飲めば効果が出るのか?

 

なたまめ茶は1日、どれくらい飲めば効果が出るのでしょうか?
毎日飲む量を調べてみました。

 

 

 

水の場合は健康を維持するために1日2リットル飲んだ方がいいといわれています。
でも、なた豆茶の場合は500mlでいいそうです。

 

 

なた豆茶のティーパック1包で、500ml抽出できるようになっています。
ですので、朝1日分を入れて夜まで少しづつ飲むという方法が理想的です。

 

 

でも、水筒を持ち歩く習慣がない人や、朝は時間がないという人は夜や昼休みに
1日分をまとめて飲んでも構いません。

 

 

アイスでもホットでも効果がありますが、粘膜を活性化するのでホットのほうが早く
結果が出ますよ。毎日続けていいるうちに、なた豆茶を飲むのが習慣になります。

なた豆茶は飲み始めてどれくらいで効果が出るのか

 

なた豆茶を毎日500ml飲んだら、どれくらいの期間で効果が出るのでしょうか?
実際になた豆茶を飲んでいる人たちの体験談を参考にお話しします。

 

 

 

ある女性はなた豆茶を飲み始めて3日目にドロッとした鼻水が出て、鼻の奥が
すっきりして、頭が軽くなったそうです。

 

 

それからは、鼻水が大量に出るようになって大変だったそうですが、3週間
くらいで鼻水の量が減り始めて、鼻の奥の石が取れたような感覚になったそうです。

 

 

ほかにもなた豆茶を飲んでいた男性は1週間くらいで鼻水がよく出るようになって、
膿が出て、鼻の奥がすっきりしたそうです。

 

 

私もなた豆茶を飲んでいますが、飲み始めて1か月で症状がよくなりましたよ。

なた豆のブレンド茶はなた豆だけのお茶よりも効果が薄まってしまうのか

 

なた豆茶には、なた豆100%のお茶となた豆のほかにハト麦などのお茶を
ブレンドしたものがあります。

 

 

 

でも、なた豆茶特有の強力な排膿作用が落ちるわけではないですし、抗炎症作用や
腎機能活性化作用がなくなるわけでもありません。

 

 

なた豆茶特有の効果にほかのお茶の効果がプラスされて、むしろ健康によくなります。
なた豆100%のほうがいいわけではないので、ブレンド茶を選びましょう。

 

 

1杯のお茶でいろいろなお茶の効果を得られた方がお得ですよね?

 

 

ブレンド茶の中には、ハーブ入りのものもあってストレス解消効果や抗うつ効果が
あります。また、なた豆茶だけよりもおいしいので、飲みやすいですよ。

中国産のなた豆茶と国産のなたまめ茶の違い

 

なた豆茶には安い中国産と少し高めの国産があります。
どちらも、なた豆茶であることには変わりないのですが、違いがあります。

 

 

 

中国産は安いですが、国内の工場で作られていないので衛生管理や品質が心配。
それに中国のどの地域で作られているかわかりません。

 

 

でも、国産なら「〇〇県産」と書かれていると、どのくらいの温かさでどのくらい
の日照時間で、どんな環境で育ったのかがイメージできます。

 

 

また、国内の工場で加工されているからしっかり焙煎されて毒素はきちんと
取り除かれています。

 

 

国産のほうが育った環境がわかりやすいし、高品質です。
なた豆茶は少し高くても国産のほうが品質がいいでしょう。

 

 

なた豆茶にはたくさんの効能があるので、値段以上の価値がありますよ。

通販サイトと専門サイト、買うならどっちがいいか検証

 

なた豆茶をネットで買う場合は、通販サイトと専門サイトどちらがいいか
気になるところです。少しでもお得に買いたいですよね?

 

 

 

そこで、通販サイトと専門サイトの値段を比較してみました。

 

 

まず楽天で「薩摩なた豆 爽風茶 30包」を探してみると、値段は3,600円代。
一方、専門サイトでは通常価格は同じだけど、初回だけ1,836円でした。

 

 

また、定期コースはずっと送料無料で、2回目以降も値段は3,304円とお得でした。

 

 

楽天は毎回頼むかまとめ買いをしないといけませんが、専門サイトなら一度定期コース
に申し込みをすれば、自動的に自宅に届きます。

 

 

料金も安いし、購入も手軽なので専門サイトで申し込んだ方がいいですね。

ポジティブリストとは?買うときの基準にするべきなのか

 

なた豆茶を探していると、ポジティブリストという文字をよく目にします。
ポジティブリストとは何かまとめてみました。

 

 

 

ポジティブリストとは、基準が決まっていない農薬が一定量以上含まれている
食品の販売を禁止している制度のこと。

 

 

なた豆茶は植物系の食品なので、こうした制度とも関係があります。

 

 

ある企業が発売しているなた豆茶のポジティブリストを見てみると、どの農薬も
「検出されず」という結果でした。

 

 

ですので、とても安全ということなのですが、ポジティブリストは基準のひとつ
なので、農薬が検出されても神経質に気にする必要はありません。

 

 

なた豆茶を選ぶときには、原産地や値段が大切。
ポジティブリストはあくまでも参考程度に考えましょう。

なた豆茶の選び方は?何を基準にするのか

 

なた豆茶を選ぶときには、ポジティブリストはあくまでも基準の一つです。
それよりも蓄膿症(副鼻腔炎)に効果的なものを選びましょう。

 

 

 

蓄膿症に効果的なのはミネラルが豊富ななた豆茶です。

 

 

鹿児島は火山灰が降った大地にミネラルが豊富に含まれているので、そこから
栄養を吸収して育ったなた豆もミネラル豊富。

 

 

蓄膿症の治療に効果的なので、鹿児島県産のなた豆茶を選びましょう。
ただ、鹿児島県産のなた豆茶にもいろんな商品があります。

 

 

そこで、なた豆茶以外の成分で決めるという方法もあります。

 

 

例えばハーブが好きならハーブいりのなた豆茶を、なと麦茶が好きなら
ハト麦茶入りのなた豆茶を選びましょう。

 

 

あとは、「刀豆ナタマメ協会」が推奨している商品にするというのもひとつの
選択肢です。

なた豆茶の効果的な飲み方を紹介!おいしく飲む方法

 

なた豆茶は正しい方法で煎れれば、効果的です。
ここからは正しいなた豆茶の入れ方を説明します。

 

 

 

まずやかんで出す場合は…

 

・1 大きいやかんに1リットルくらいの水を入れて沸騰させる
・2 そして沸騰したお湯になた豆茶のティーパックを1杯入れる
・3 5分〜7分に出して保温ポットに移す

 

 

そして、急須で煎れる場合は…

 

・1 急須にティーパックを入れて沸騰したお湯を注ぐ
・2 5分くらい蒸らす
・3 カップに注いで飲む

 

 

どちらの場合もその日のうちに飲み切ってしまいましょう。
飲みきれない場合は2〜3日は保存できます。

 

 

水出しの場合は2日間くらいかかってしまうので、必ずお湯でに出しましょう。

なた豆茶にはどんな商品があるの?人気商品を2つ紹介

 

なた豆茶には様々な商品があります。
ここからは、人気商品を紹介していきましょう。

 

 

 

まず、なた豆茶の中でもとくに人気の高い商品を2つ紹介します。

 

 

一つ目は「美撰なたまめ茶」です。
価格は定期コースなら2,555円、子供でも飲めるくらいに安全です。

 

 

そして、玄米、黒豆、ハブ茶、桑の葉などのなた豆以外の健康にいい原料も
使っています。

 

 

なた豆は国産ですが、どこの県産かはわかりませんでした。

 

 

そして、もう一つ人気の商品は、「大山のなたまめっ茶」です。
2,500円で鳥取県産のなた豆を使っていて、なたまめ100%のお茶です。

 

 

サイトには生産者の写真も製茶の担当者の写真も載っていて、信頼できます。
豆独自の香りがあるけど、味はすっきりとしていておいしいです。

京都やまちや「美撰なたまめ茶」の特徴

 

なた豆茶にはいろんな商品がありますが、京都の会社から発売されているお茶も
あります。「美撰なたまめ茶」は、なた豆のブレンド茶です。

 

 

 

京都府京都市下京区にある会社から発売されていて、国内製造されています。
ジップロックのように密閉できる袋に入っているから、湿気に強いです。

 

 

やかんで5分に出すと薄い茶色になって、すっきりとした味わいです。
なた豆茶本来の味ではなく、小さい子供でも飲みやすいように麦茶味になっています。

 

 

なた豆茶以外にも玄米や黒豆が入っているので、それがすっきりとした味にしている
のでしょう。

 

 

黒豆にはアントシアニンが含まれていて、目の疲れにも効きます。
仕事でパソコンを使っている人に向いているなた豆茶ですね。

すこやか笑顔「爽風茶」の特徴

 

なた豆茶は本来、すっきりとした味わいで香ばしさはありません。
でも、すこやか笑顔の「爽風茶」は香ばしさがあります。

 

 

 

その秘密は「焙煎仕立て」だから。
薩摩産のなた豆茶をじっくり焙煎して、なた豆茶のエキスを抽出しやすくしています。

 

 

公式サイトから定期コースで購入すると、無料でタンブラーが付いてきます。
ただ定期コースは4回は購入しないと解約できないので、よく考えてから買いましょう。

 

 

爽風茶は初回、1,836円です。鹿児島県産のなた豆を使用しています。

 

 

香ばしいお茶を毎日飲んでいるだけで、蓄膿症が治ってくるのは治療してるという感じが
しないので、精神的に楽です。

 

 

今後、継続的に飲んでいくお茶なので、おいしいものを選びましょう!

 

富士のなたまめ茶の特徴

 

富士のなたまめ茶の特徴は、国産のなた豆を使用しています。
どの県産かはわかりませんが、国産なので品質がいいです。

 

 

 

焙煎されているのは赤なた豆とさや。
太陽の恵みを浴びて育ったさやも含まれているので、栄養価が高いです。

 

 

30包で2,450円なので、3,000円代の国産なた豆も多いので手ごろな値段ですね。
ほかの原料を使っていないので、少し安くなっています。

 

 

「富士のなたまめ茶」は、楽天で購入するとポイント10倍になる商品です。
赤なた豆は豆は食べられませんが、焙煎してあるので安全です。

 

 

ほかのお茶が含まれていないから、なた豆茶だけを味わいたいという人向きです。
また、いつも楽天を利用している人には買うとポイントがたまるからお得ですね。

マイケア「薩摩刀豆なたまめ茶」の特徴

 

国産のなた豆茶でもどの県産かがわからない商品もあります。
どうせ、国産を買うならどこ県産かがはっきりわかるものがいいですよね?

 

 

 

マイケアの「薩摩刀豆なたまめ茶」は、商品名にはっきり薩摩と書かれています。
なた豆の発祥地である鹿児島県産のなた豆を使用しています。

 

 

マイケアの「薩摩刀豆なたまめ豆」は、農薬を使わないで育ったなた豆を使用
しているので、とても安全性が高いです。

 

 

定期コースで購入すると、通常価格は3,600円なのが3,240円になります。
購入者の8割は定期コースで買っています。

 

 

色は緑茶に近い色で、ほかのなた豆茶よりも薄いです。
でもだからといって効果が薄いというわけではないので、ご安心ください。

高味園の「刀豆茶」の特徴

 

なた豆茶は国産、とくに鹿児島県産のなた豆を使っているものが人気です。
ただ会社は国内にあっても生産は海外という商品もあります。

 

 

 

例えば、高味園の「刀豆茶」は山口県下関市にあるハーブ専門の会社から発売されて
いる商品です。

 

 

健康補助食品をたくさん発売している会社なので、健康への効果が期待できます。
工場の様子やスタッフの写真も掲載されているので、安心感がありますね。

 

 

32包で1,400円なので、かなり安めです。
その理由は、なた豆が中国産だからです!

 

 

加工が国内なので、品質管理は行き届いていると思いますが、中国のどこで
育ったなた豆なのか不明なので、少し心配ですね。

 

 

経済的に厳しい人にはいいかもしれませんが、もう少し高いものでも変える人は
国産のなた豆茶を購入しましょう。

ミナミヘルシーフーズ「刀豆茶」の特徴

 

なた豆茶は30包で3,000円代するものが多いです。
なた豆が国産で製造も発売も国内の会社…となると、これくらいの値段はします。

 

 

 

たまにとても安い商品がありますが、そういう商品は中国産で製造も中国。
販売だけ国内の会社がしているという形です。

 

 

でも、ミナミヘルシーフーズの「刀豆茶」は産地が中国と書かれているだけで
どこで原料を栽培したのか、どこで加工したのかは書かれていません。

 

 

公式サイトも「刀豆茶」の情報量がとても少なくて、信頼できないですね。
価格は30包で、1,065円ととても手ごろ。

 

 

ただ、毎日飲むお茶なので、もっと信頼できる商品がいいでしょう。
ミナミヘルシーフーズ「刀豆茶」はやめておいた方がいいですね。

健康応園「富士の赤なたまめ茶」の特徴

 

国産のなた豆茶はなかなか高額で、手が出ないという人でも買いやすい商品があります。
例えば、健康応園の「富士の赤なたまめ茶」は手ごろな価格です。

 

 

 

原産地は日本で静岡の自社工場で製造をしています。
信頼できるし、値段は2,625円。

 

 

ほかの国産の商品よりも安いので、続けやすい商品です。

 

 

公式サイトを見てみると、他のお茶の品ぞろえも充実していて健康茶に力を入れて
いるのがわかりました。

 

 

また、製造側のブログなどが充実しているので、製造過程がよくわかります。
お試しセットがあるので、試しやすいなた豆茶ですね。

 

 

健康応園「富士の赤なたまめ茶」は契約農家で無農薬で栽培されているなた豆を
使用しています。安いですが、高品質です。

こやま園「丹田なた豆茶」の特徴

 

こやま園から発売されている「丹田なた豆茶」は、10年以上の実績があります。
日本の丹田で育ったなた豆を使用していて、安心して飲める商品です。

 

 

 

なた豆を栽培しているのは、こやま園と契約をしている農家。
土づくりから栽培、製造まで一貫管理されていて、完全無料薬で育てています。

 

 

お茶に含まれているのは、なた豆茶だけ。
シンプルな味ですが、蓄膿症に効果を発揮します。

 

 

パッケージはゴールドで高級感がありますが、値段は2,500円と手ごろです。
シンプルでおしゃれなパッケージが女性に人気の商品です。

 

 

お茶の色は少し濃いめですが、さっぱりしていて飲みやすいですよ。
こやま園の「丹田なた豆茶」は、やかんでたくさん煮だすタイプの商品です。

山本漢方製薬の「白刀豆茶」の特徴

 

日本の会社から発売されている商品でも、原料の産地は中国というなた豆茶も
あります。例えば、山本漢方製薬の商品がそうですね。

 

 

 

漢方と書かれているし、日本の会社だから健康効果が高そうなイメージですが、
実際には中国産のなた豆を使用しています。

 

 

原料は白なた豆だけなので、すっきりとして飲み心地です。
30包で500円前後という、安い値段でした。

 

 

どうしてここまで安いのかというと、購入者の体験談では5分煮ても10分煮ても
ほとんど味がしないそうです。

 

 

結局40分煮たけど味も香りもほとんどしなかったので、白湯のような感じでした。
激安だけど味や香りがほぼないということは、効果もほぼないということです。

 

 

もう少し高い商品を買ったほうがいいですね。

有限会社新興の「大山のなたまめっ茶」の特徴

 

安すぎる中国産は白湯のようで効果が期待できません。
ある程度値段がする国産のなた豆茶を買ったほうがいいでしょう。

 

 

 

例えば、有限会社新興の「大山のなたまめっ茶」は鳥取県産のなた豆を使用して
います。

 

 

30包で値段は2,500円。
栽培から製造、販売まで国内で行われているので安心感があります。

 

 

2,000円代でも安心して帰るなた豆茶はあるので、中国産は選ばないでください。

 

 

有限会社新興の「なたまめっ茶」は和風の落ち着いたパッケージでかわいいです。
なた豆の豆だけではなく、葉、茎を使っています。

 

 

焙煎をしっかりしてあるので、ほうじ茶のような香ばしい味がします。
蓄膿症や歯槽膿漏には、これくらいの値段のお茶がいいでしょう。

「薩摩なた豆 爽風茶」を選んだ理由は「刀豆ナタマメ協会」認定だから

 

私は1年くらい前からなた豆茶を飲んでいます。
私が飲んでいるのは「薩摩なた豆 爽風茶」。

 

 

 

この商品を選んだ理由は「刀豆ナタマメ協会」認定の商品だからです。
なた豆に関する情報を提供していて、なた豆の品質管理や歴史紹介などをしている
協会です。

 

 

「刀豆ナタマメ協会」に認定された商品は、赤いマークがつけられています。
このマークは、鹿児島県産で高品質ななた豆を使っている商品にしか付きません。

 

 

「本当に高品質で安心できるなた豆茶がいい」と思っている人は、
「薩摩なた豆 爽風茶」を選びましょう。

 

 

私はこの商品を飲み始めてから、1か月目で副鼻腔炎が治り始めました。
いい商品なので、自然と効果が出てきます。

鹿児島県のなた豆が高品質な理由まとめ

 

なた豆は日本全国で栽培されています。
中国産のなた豆茶もあるので、なた豆茶を購入するのに困ることはありません。

 

 

 

でも、本当に高品質なのは鹿児島県産のなた豆を使っている商品です。

 

 

鹿児島県には、南九州にしかないシラス台地があります。
シラス台地とは火山灰や白っぽい砂地のことで、鹿児島の半分以上がこのシラス大地です。

 

 

サツマイモや大根の栽培に適しているシラス台地は、なた豆の栽培にも適しています。

 

 

ふつうはさやの大きさが30pくらいですが、鹿児島のなた豆は70pくらいになることも
あります。

 

 

ほかの県にはない環境だからこそ、ほかの県よりもいいなたまめが育つのです。
蓄膿症の症状がひどい人こそ、鹿児島県のなた豆茶を選びましょう。

鹿児島県産の薩摩なた豆茶が有名な理由

 

鹿児島県産の薩摩なた豆茶は、とても有名で通販サイトでも上位にランクイン
しています。

 

 

 

有名で人気な理由はやはり、鹿児島がなた豆発祥の地だから。
そして、口コミでの評判の高さです。

 

 

Amazonで「薩摩なた豆茶」の口コミをみてみると…

 

 

「妊娠8か月で鼻が詰まって持病の蓄膿症が発症したときに飲んだら、
数日で症状が回復してきました。薬を飲みたくない妊婦にとってはうれしいです」

 

 

「飲み始めてまだ1種間しかたっていないのに、少し体調がよくなってきました」
「1か月くらい高血圧だったのに、1か月飲んだら正常値に戻っていました」
「鼻づまりになったときに飲むと、楽になる気がします」

 

 

このように多くの人が効果を実感しているから、人気なのです。