なた豆茶の糖尿病への効果。糖尿病への直接的な効果はない?

 

なた豆茶は強力なデトックス効果があるので、蓄膿症が肥満、腎臓病などさまざまな
病気に効果があるといわれています。実際に効果を実感している人も多いです。

 

 

 

私自身もなた豆茶で、後鼻漏という蓄膿症がさらに悪化した病気を完治しました。
後鼻漏にははっきりとした治療法がないから、なた豆茶にかかなり助けられました。
強力な排膿作用があるカナバニンが、副鼻腔の膿を排出してくれるのです。

 

 

ほかには抗炎症作用や腎機能活性化などの効果があります。
うわさで「なた豆茶は糖尿病にも効くらしい」といわれていますが、実際は少し違います。
なた豆茶には糖尿病への直接的な効果がありません。

 

 

でも尿にかかわっている腎臓の機能を活性化する効果はあるので、糖尿病の症状が軽くなる
ことは考えられます。

 

 

でも劇的な変化はないし、薬を飲まなくても大丈夫になるわけではないので、かならず
薬での治療と通院は続けてください。

 

 

ただ糖尿病と合併して歯周病になっていると、なた豆茶が大きな効果を発揮します。
その理由をお話ししましょう。

 

 

糖尿病と歯周病を合併しているとなた豆茶は効果的

 

糖尿病だけだとなた豆茶は劇的な効果がありません。
しかし、歯周病と合併していれば劇的な効果があります。

 

 

 

まずなた豆茶の排膿作用で歯周病の膿を排出します。
歯周病で「もう治療のしようがない」と医師に言われてしまったある男性が体験談でなた豆茶
を飲み始めてから歯茎のジュクジュクが治ってきて、ハリのある状態になったそうです。

 

 

この効果で歯周病を治すことができれば、歯周病で体内に発生する物質が抑えられます。
歯周病で発生する物質の中には、糖尿病の治療薬であるインスリンの働きを邪魔するものも。
インスリンの働きを邪魔する物質がなくなれば、完治できます。

 

 

歯周病を治せば糖尿病も治るのは本当なのか

 

なた豆茶で歯周病が治れば、糖尿病も治るというからくりは理解してもらえたと思います。
でもいまいち信用できないという人もいるはず。

 

 

 

そこで、こんな実験結果を見つけました。
広島大学と広島県医師会が歯周病と糖尿病両方を発症している患者さん434人に協力してもらい、
行った実験の結果です。

 

 

43人のうち236人に歯周病治療をして、198人は歯周病を放置。
歯周病治療をしたグループのほうが糖尿病が治る確率が高かったそうです。

 

 

ある研究機関の調査では糖尿病になると歯周病になる可能性が3倍になり、歯周病になると
糖尿病予備軍になる可能性が3倍高いのだそうです。

 

 

歯周病と糖尿病両方に悩んでいる人がなた豆茶を飲めば、精神的な負担が減ります。
精神的な負担が減れば、免疫力が上がって細胞が活性化します。
その結果、歯周病も糖尿病も治りやすくなるのです。

 

 

なた豆茶には強力なデトックス効果があるので、糖尿病のストレスで溜まってしまった
老廃物も流してくれます。

 

 

糖尿病をなおすのにかかせない血糖値のコントロールになた豆茶は役に立つ

 

糖尿病になると血糖値を抑えることが欠かせなくなります。
食事や運動、薬を使って1日の血糖値が上がらないように工夫するのです。

 

 

 

血糖値が上がる一番の要因は食事。
栄養バランスの取れていない食事だと、食後に一気に血糖値が上がってしまいます。
これを予防するのがなた豆茶です。

 

 

なた豆茶に含まれている豊富なミネラルが食べ物の消化吸収を助けるので、血糖値が
上がった状態がはやく終わります。一般的な食事では不足しがちなカルシウム、カリウム、
亜鉛、鉄、ナトリウムなども取れるから、栄養バランスも整います。

 

 

そして、薬で糖尿病と歯周病を治そうとすると、薬の飲み合わせなどで悪影響が出ることも
ありますが、なた豆茶はお茶なのでそういった心配がありません。
サプリメントなら大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、サプリメントにも薬との
飲み合わせがあります。

 

 

さらに漢方薬も飲み合わせがあるので、薬を増やすのはよくありません。
また薬を錠剤にする凝固剤には体を冷やす作用があるので、薬自体も健康に良くないのです。
薬を最小限にするためにも糖尿病の薬以外は飲まないで、あとの症状は食品でどうにか
しましょう。

 

 

以前テレビ番組で糖尿病に効果的な改善策を紹介していたのですが、腸内細菌に餌をあげると
いいみたいです。腸内環境が整えば血糖値が上がりにくくなるから。
なた豆茶の豊富なミネラルは腸内細菌にとって餌はなりませんが、大きなサポートになります。

 

 

あとは運動をすることが効果的。
激しい運動よりも有酸素運動のような継続的な運動がいいでしょう。

 

 

有酸素運動のような継続的な運動をするためには、体がある程度温まっていて気持ちが高揚
していないといけません。
なた豆茶をホットで飲めば体が温まるし、気持ちもほぐれて前向きになります。

 

 

「ちょっと運動してみようかな」という気になるので、試してみてください。
なた豆茶はティーパックなので、保存がききます。
まとめ買いをして取っておくのも可能なので、続けやすいですよ。

 

 

糖尿病は継続的な治療が必要なので、健康にいい方法を選びましょう。
なた豆茶はほうじ茶のようなすっきろとした味わいなので、毎日飲んでいても飽きませんよ!