なた豆茶の記事を読んでいると出てくるネフローゼとはなにか

 

蓄膿症や便秘、肌荒れなどに効果があるとして若い女性や健康に悩んでいる人に
人気があるなた豆茶。そのなた豆茶のことを調べていると、ネフローゼという言葉が。

 

 

 

聞きなれない言葉ですが、どういう意味があるのでしょうか?
気になったので調べてみました。

 

 

すると、ネフローゼとは「ネフローゼ症候群」のことでした。
尿にたんぱく質がたくさん出てしまい、血液中のたんぱく質が足りなくなる病気です。

 

 

血液中のたんぱく質が足りなくなることを低たんぱく血症というのですが、この状態になって
むくんでしまうのです。

 

 

血液中のたんぱく質の量が減ると、血液の栄養素が薄まらないようにするために水分が血管の
外に出ていきます。そうすると皮下組織の細胞の間に水分がどんどん溜まってむくむのです。
ふつうの温みと違ってマッサージやストレッチでは治しきれません。

 

 

また、外見的には普通のむくみと変わらないから、「ただむくんでいるだけだから」とほって
おくと心臓などにも水分が溜まってしまいます。

 

 

また血管の中の水分が減るから血流が悪くなって、コレステロールが増えてしまいます。
腎不全、血栓症、感染症などになる可能性もあるのです。
外見的には普通のむくみと変わらないから、自己判断が難しい病気でもあります。

 

 

ネフローゼを自己判断するときの基準

 

ネフローゼは外見的にはただのむくみです。
でも、他の特徴を知っておけば自己判断でネフローゼに気が付くことができます。

 

 

 

ネフローゼの症状はむくみのほかに、体重の増加、だるさ、尿の泡立ちです。
尿に含まれているタンパク質の量が増えると、泡立つのです。

 

 

むくみや体重増加、だるさだけではわからないと思うので、尿の泡立ちがいちばんわかり
やすいです。もし尿の泡立ちがあったら、病院で検査をしてください。
ネフローゼの検査は、尿検査と血液検査の2種類です。

 

 

このような病気であるネフローゼが、どうしてなた豆茶の記事に登場するのでしょうか?

 

 

ネフローゼとなた豆茶の関係性とは

 

ネフローゼの病名がなた豆茶の記事に登場する理由は、ネフローゼが腎臓の不調で起こる
病気だからです。腎臓の調子が悪いと尿の状態が悪くなります。

 

 

 

人の尿は腎臓で作られています。体の中のいらない水分や物質を尿に変えて排出します。
体の中の水分、ナトリウム、カリウムの量を調整する機能もあるし、赤血球を作ったり、
ホルモンバランスを整える機能もあります。

 

 

尿に含まれるたんぱく質の量を調整するのも腎臓の役割です。
腎臓が疲れていたり、調子が悪いとネフローゼになってしまうのです。
そこで効果的なのがなた豆茶です!

 

 

なた豆茶の3大主成分であるウレアーゼには、腎機能活性化作用があります。
疲れていたり、調子が悪かったりする腎臓の機能を高めてネフローゼの症状を改善します。

 

 

また、免疫力を高める効果と強力なデトックス効果があるので、腎機能低下でたまった
疲れと老廃物を取り除いてくれます。
ネフローゼの代表的な症状、むくみ、疲れ、肥満、尿の泡立ちを解消するのです。

 

 

ネフローゼは、心臓から腎臓へ送られてくる全身の4分の1の血液を正常にろ過できなくします。
健康な人なら運ばれてきた血液をろ過して原尿と呼ばれる尿の素をつくります。
その原尿は99%が再利用されるので、たんぱく質を多く含んでいます。

 

 

ネフローゼの人は、この原尿をそのまま体の外に排出してしまうのです。
腎臓の仕事を1単位で表すときに「ネフロン」と呼びます。
ネフローゼという病名は、この「ネフロン」から来ているのです。

 

 

健康な人はドラム缶1本分の原尿がろ過されて、体内に戻っていきます。
ネフローゼの人は、ドラム缶1本分くらいの栄養素を垂れ流しにしているのです。
こんなに恐ろしい病気なのに、原因が不明で子供でも発症します。

 

 

原因不明な病と闘うのは、とても大変なので少しでも改善法が効果的で簡単であってほしい
ですよね?なた豆茶は毎日飲み続けてればいいだけですし、副作用もありません。
安心してネフローゼを改善することができます。

 

 

年齢によってきっかけになる病気が違うネフローゼ。でも改善法は同じ

 

ネフローゼは年齢によってきっかけとなる病気が違っています。
でも、改善法は「腎機能を活性化する」という同じ方法です。

 

 

例えば15歳以下のネフローゼのきっかけになる病気は、微笑変化型ネフローゼ症候群です。
ネフローゼの軽い症状が悪化して、ネフローゼになるのです。
でも50歳以上になると膜性腎症という腎疾患がきっかけで起こります。

 

 

不健康な生活がたたっている病気になるという形なので、日ごろから健康的な生活を心がけて
ください。また、ネフローゼの治療法は入院安静が原則です。

 

 

むくみがひどい場合は水分と塩分の制限した食生活を心がける必要があります。
なたまめ茶は塩分は含まれていませんが、水分なので、医師と相談をしながら飲む量を決めて
ください。水分をとりすぎるとむくみが悪化します。

 

 

また、半身浴などのデトックス効果のあることをしてください。
帰宅後に足を延ばして壁につけて5分〜10分キープしていると、足のむくみが解消されます。
自力でできる方法で、症状を改善していきましょう。