さまざまな症状にいいから扁桃腺炎にもいい?なた豆茶の作用

幅広い作用があるなた豆茶は扁桃腺炎にもいいのか

 

幅広い作用があるなた豆茶は、扁桃腺炎にもいいのでしょうか?
なた豆茶はさまざまな不調にいいのは有名ですが、扁桃腺炎にもいいのか調べてみました。

 

 

 

なた豆茶は、炎症、咳、痰、血行不良、腎臓の不調、扁桃腺炎、痔、蓄膿症、鼻炎、
歯周病、アトピー性皮膚炎、中耳炎、腫れもの、便秘、口内炎、化膿している湿疹にいいです。
扁桃腺炎も含まれているので、効果が期待できそうですね!

 

 

扁桃腺炎は膿が溜まって発症する病気なので、排膿作用があるなた豆茶はちょうどいいです。
抗炎症作用もあるので、扁桃腺炎の症状を抑えてくれます。

 

 

なた豆茶には主成分が3つ含まれていて、この3つの成分が主に働いていろいろな不調をよくして
くれるそうです。

 

 

なた豆茶の主成分の中でもカナバニンにという成分には排膿作用、抗炎症作用があります。
膿ができている湿疹や歯周病、蓄膿症、鼻炎にもよく、扁桃腺炎にもいいです。

 

 

ほかにもコンカナバリンAという成分に抗腫瘍作用があり、ウレアーゼという成分に腎寄贈活性化
の作用があります。全身的に不調を抱えている人にも効果があります。
扁桃腺炎は主に子供がなる病気です。

 

 

免疫力が弱い子は扁桃腺がすぐに晴れてしまうので、なた豆茶で少しでも抑えることができれば
つらい扁桃腺炎にかかることも減ると思います。

 

 

扁桃腺炎にすぐなってしまう…。免疫力が弱いのはどうしてなのか

 

扁桃腺炎に繰り返しなってしまう子は、基本的に免疫力が弱いです。
どうして、そんなに免疫力が弱いのでしょうか?

 

 

 

その原因がわかれば、対処法もわかりますよね。そこで扁桃腺炎を繰り返す子供の免疫力の
弱さの原因を私なりに考えてみました。

 

 

まずは消化器官の不調です。人は食べたもの、飲んだものの栄養で成長し、健康を保っています。
ですので食べたもの、飲んだものの栄養素をしっかり吸収しないといけません。

 

 

でも最近の子は肉食だったり、添加物が多く配合されている食品をよく食べていたりするので、
消化器官の働きが弱くなっています。
ですので、消化器官の働きを高めると扁桃腺炎になりやすい体質が治ります。

 

 

消化器官の働きをよくするのは、ミネラルです。なた豆茶には、豊富なミネラルが含まれています。
消化器官の働きが弱くなるとミネラルを上手に吸収できなくなってしまうので、なた豆茶のように
液体で吸収しやすくたくさんミネラルが取れる食品がいいのです。

 

 

ミネラルが豊富な体になれば、食べ物の栄養素をしっかり吸収できるようになって便秘や下痢が改善。
ストレスがたまらなくなるから、免疫力も上がります。大人もそうですけど、便秘になっていたり
下痢になっていたりすると、不安で精神的に余裕がなくなりますよね?

 

 

子供は便秘や下痢に対して大人以上に不安になるので、学校へ行くだけでストレスになるのです。
なた豆茶で便秘や下痢を治せば、ストレスも軽くなりますよ!

 

 

扁桃腺炎になると出てしまう臭い口臭対策にもなるなた豆茶

 

扁桃腺炎になると、臭い口臭が出てしまいます。
これは食べかすや歯磨きがきちんとできていないからという理由だけで、出る口臭ではありません。

 

 

 

そもそも扁桃腺は口から入ってくるウイルスや雑菌、ほこりをキャッチしてくれる免疫機関。
異物をキャッチしやすいように表面がでこぼこしています。
このでこぼこしているへこみの部分に、雑菌の死骸やウイルスの死骸、ほこりなどが溜まります。

 

 

これが臭い玉と呼ばれる膿栓になって、強いにおいを発しているのです。
健康なら、膿栓ができても食道の働きで消化されますが、免疫力が弱くなっていると残ります。
なた豆茶を飲んだり、なたまめ茶でうがいすることで排膿作用が働き、膿栓を取り除いてくれます。

 

 

ですので、なた豆茶は扁桃腺炎の口臭にもいいのです!
私もなた豆茶を飲み始めてから、扁桃腺炎になっていないし、強い口臭も出てきません。

 

 

殺菌効果の強いうがい薬よりもなた豆茶がいい理由

 

扁桃腺炎になると、殺菌して症状を抑えたり、口臭を抑えたりしようとする人が多いです。
「強い口臭は雑菌のせいだから殺菌する」という発想は、扁桃腺炎の場合は間違いです。

 

 

 

扁桃腺炎の原因は、扁桃腺に溜まっている膿栓と免疫力の低下が問題。
殺菌をしても膿栓は取り除けないし、免疫力も強くなりません。
ですので、扁桃腺炎に殺菌はほとんど効果がないのです。

 

 

なた豆茶には殺菌作用はありませんが、強い排膿作用とミネラルによる免疫力をサポートする
働きがあります。優しく体の機能を後押しして扁桃腺炎とそれによる口臭を抑えるのです。
また、のどに炎症を起こしているときは潤すと痛みや炎症が抑えられます。

 

 

強い殺菌作用があるうがい薬でも潤すことができますが、殺菌成分が刺激になって余計に炎症が
悪化してしまいます。なた豆茶のような優しい味のお茶で潤す方がいいでしょう。

 

 

私はなた豆茶を飲み始めてから、ほとんど風邪をひいていませんし、便秘にもなっていません。
もともと体が強くなかったけど、なた豆茶で免疫力が強くなったからだと思います。
私にはとても効果があったので、他の人にも効果があると思います。

 

 

お茶だから市販薬よりも気軽に試せると思うので、1か月くらい飲み続けてみてください。