そもそも逆流性食道炎とは?

 

逆流性食道炎とは、胃酸が逆流して食道にまで到達してしまう病気のことです。
胃酸は食べ物を溶かすくらい強力なものなので、食道にまで到達すると炎症を起こしてしまいます。

 

 

 

まず健康な状態なら胃と食道の間にある括約筋が閉じることで逆流しませんが、
これがゆるんでしまいまって、胃から胃液が逆流してしまうのです。
日本人の約1割の人がなっている病気なので、珍しい病気ではありません。

 

 

逆流性食道炎はひどく強い胸やけがしたり、火を食道に入れられたようにヒリヒリしたりします。
胃液が食道の皮膚を溶かしてしまっているのです。

 

 

原因としてはアルコールの飲みすぎやタンパク質や脂肪が多い食事ばかりをとっていて胃液を
増やさないと消化しきれない状態になっていることなどがあります。

 

 

胃に大きな負担がかかっていると、胃液が増えて逆流してしまうのです。
昔は60代の人が多かったですが、最近は30代〜40代の人もなってしまう病気のようです。

 

 

逆流性食道炎になると、刺激物は避けたほうがいいです。
辛い食べ物や熱い食べ物はもちろん、強力な殺菌作用がある食べ物もやめたほうがいいでしょう。

 

 

強力な殺菌作用がある食べ物が逆流性食道炎に悪い理由は、食道が炎症を起こしているから。
ただでさえヒリヒリしている食道を殺菌作用がある液体が通れば、痛みが出て当然です。

 

 

カフェインを多く含んでいることもよくありません。
カフェインは健康な人が適度にとる分には、とても健康にいいものですが、遺産を増やす働きが
あるので逆流性食道炎には逆効果なのです。

 

 

もちろん、コーヒーもよくありません。
では何を飲んだら逆流性食道炎にいいのでしょうか?

 

 

なた豆茶は逆流性食道炎にいい理由

 

なた豆茶は逆流性食道炎にいいので、緑茶やコーヒーをやめてなた豆茶にしましょう。
なた豆茶の主成分であるカナバニンには、抗炎症作用があります。

 

 

 

遺産が逆流してきて食堂が炎症を起こしているなら、抗炎症作用のあるのみものを飲めばいいのです。
なた豆茶は、抗炎症作用があるし、殺菌作用がないから刺激しないで食道をケアできます。
なた豆茶はホットでもアイスでも飲めます。

 

 

炎症を抑えるためにはアイスで飲んだ方がいいでしょう。
炎症を起こしている部分がひんやりして、すーっと炎症が引きます。
なた豆茶以外にも、逆流性食道炎にいい飲み物はあるので覚えておきましょう。

 

 

番茶、ほうじ茶、麦茶、玉露、抹茶、玄米茶、ウーロン茶、紅茶、ジャスミン茶、プーアール茶。
なた豆茶はほうじ茶と麦茶の中間のような味と色で、すっきりしていて飲みやすいです。
一般的に逆流性食道炎にいいといわれている、麦茶とも特徴が似ています。

 

 

逆流性食道炎にいい麦茶となた豆茶の比較

 

逆流性食道炎には低刺激な麦茶がいいです。
なた豆茶と似ている部分が多いので、それぞれの特徴を比較してみました。

 

 

 

まずが含まれているカフェインの量です。
麦茶もなた豆茶もカフェインは0で、胃液を増やす心配がありません。
逆に胃液を少し薄めてくれる効果も期待できます。

 

 

そして、麦茶には胃の粘膜を保護してくれる作用があります。
なた豆茶にはこの作用がありませんが、胃にいい鉄分を補う作用があります。
鉄分は不足すると胃炎になるので、なた豆茶は胃にとってプラスになるのです。

 

 

ただ、麦茶にはあるけどなた豆茶にはない最大のメリットがあります。
それは、どこにでも売っているということ。
麦茶はとても安いしどこででも販売されています。

 

 

一方なた豆茶はスーパーなどには売られていません。
通販で購入することになるし、値段も麦茶に比べるとかなり高めです。

 

 

例えば、がばい農園という会社の「有機栽培 はと麦茶」は5g40包で1,500円代ですが、
「国産手作り 有機なた豆茶」は3g30包(30日分)で、1,700円代です。

 

 

麦茶のほうが10法も多く入っていて、200円以上安いですね。
でも、経済的に苦しくなるほどではないし、病院に通って薬をもらい続けるよりは安く済みます。
何より毎日飲み続けているだけで逆流性食道炎の症状が軽くなっていくので、お得ですよね?

 

 

生姜紅茶も逆流性食道炎に効果的だけど作るのが面倒

 

なた豆茶と麦茶以外にも、逆流性食道炎のケアになるものがあります。
それは、生姜紅茶です。

 

 

 

生姜には吐き気を抑える効果と、胃を健康に保つ効果、炎症を抑える効果があります。
生姜に含まれているジンキベレンという成分は、胃腸の運動が活発になりすぎることを抑えます。

 

 

また、ジンジベインという成分が胃腸の内壁の血行を良くするから、ほどよく働きを活性化して
胃腸の負担を軽くしてくれるのです。
抗炎症作用も鎮痛作用もあるので、逆流性食道炎にぴったりですね。

 

 

でも、ひとつだけ問題があります。
それは生姜紅茶は水筒で持ち歩くと、生姜が下の方に沈殿してしまうこと。
飲むときにいちいち水筒を上下に振らないと、いけないのです。

 

 

一方なた豆茶は水筒で持ち歩いていても、成分が沈殿することはありません。
外出先で飲むときでも、手間がかからないし、家で飲むときも手軽です。
また、生姜紅茶は人によっては、苦手という場合もあります。

 

 

なた豆茶は誰が飲んでもすっきりしていて、大人から子供までおいしいと感じる味ですよ。