なた豆茶はリウマチに効果が期待できる

 

なた豆茶はリウマチに効果が期待できるといわれています。
実際になた豆茶を飲んで、リウマチが改善する効能があるといわれています。

 

 

 

「7年前にリウマチになりましたが、関節に痛みがあるけどふつうに生活ができていました。
しかし半年くらい前に朝目が覚めたら関節がこわばってしまい、一人で起き上がることができなかったのです。
妻にマッサージしてもらい、痛みが和らいだのですが『これ以上ひどくなったら』と思うと不安でいっぱいでした。

 

 

病院の先生に言うと今までよりも強いリウマチの薬を処方されてしまい、副作用で胃もたれが起きてしまいました。
食欲がなくなって食事の量が減り、体重が劇落ちしてしまったのです。
体重が落ちると免疫力もなくなるので、風邪をひくと長引くようになります。

 

 

風邪をこじらせて入院することになったときに、妻がなた豆茶のことを調べてくれました。
痰飲後から毎日飲んでいたら3か月で関節の痛みと手の動かしにくさが減りました。
そして、1年後にはリウマチ完治の兆しが見えてきたのです」

 

 

このように、なた豆茶で合併症まで引き起こすくらいに悪化していたリウマチが改善したという体験談がありました。
ほかにもなた豆茶でリウマチが治ったという人はいます。

 

 

「3年前からリウマチでほとんど手首が動かなくなってしまいました。
仕事を辞めて、家事もろくにできないので家でじっとしている時間が増えていき、老け込んでいました。
しかし、友達に紹介されたなた豆茶を飲んでいたら手首の痛みが取れて動くようになったのです」

 

なた豆茶はデトックス効果があるといわれていますが、どうしてリウマチに効くのでしょうか?

 

 

なた豆茶がリウマチに効く理由

 

なた豆茶には3つの主成分がありますが、このうちの一つの成分がリウマチに効果が期待できます。
この成分のおかげでリウマチが治った人がいるのです。

 

 

 

なた豆茶には排膿作用・抗炎症作用があるカナバニンと腎機能活性化効果があるウレアーゼがあります。
そして、抗腫瘍作用があるコンカナバリンAがあるのです。

 

 

リウマチは間接の炎症で痛みが出て関節を動かすのが嫌になり、動かさないでいるうちに本当に
動かなくなってしまう病気です。ですので、抗炎症作用があるなた豆茶がいいのです。
ほかの食品では摂取できない成分なので、毎日なた豆茶を飲むことはリウマチに効果が期待できます。

 

 

通販で定期コースで購入できるから、手軽に続けられるし、毎日お茶を1杯飲むだけでいいのです。
カナバニンとコンカナバリンAはなた豆茶にしか含まれていない成分です。